FXで月10万円のお小遣い計画 

30万円の資金を、FXで月10万円のお小遣いをゲットできるようにしようとする計画の記録です。

スワップ金利派の投資法
    

スワップ金利で、ほぼ定額の収益を毎月獲得するようにするには、幾つかのステップを踏まなければ、到達
することは、出来ません。

スワップ金利派の投資方法のうち、小額から積み上げていく方法を、ご紹介いたします。

   第1ステップ : 最初のポジションを建てる
   第2ステップ : ポジションを増やしていく
   第3ステップ : ポジションの単価を下げる


という3段階に分けて、ご説明いたします。

★ 第1ステップ ★

まず、最初のポジションを作らなければ、増殖は出来ません。私の場合には、元金30万円で、米ドル・円を
6ポジション建てました。1ポジション当り5万円の投資で、4円の為替の変動があっても耐えられるレベル
です。

最初のポジションを建てる時が、為替のトレンドの、どの時期に当たるかということで、今後の運用が楽にできるか
大変なものになるかが、決まってしまいますが、それは、運命だと思うしかないのではないでしょうか?

出来れば、大きな調整局面があった直後が最適ですが、そういった不安定な時は、中々、怖くて買えない
ものです。ですから、週足のチャートで見て、ボリンジャーバンドの0σ〜−1σの間にあり、トレンドが上昇
トレンド
であれば、始めるのには、いい時期かもしれません。

いずれにしても、これから、やっていくことは、同じステップを踏むことになりますので、あまり気にすることは、
ないと思いますが、いかにも過熱気味の、ボリンジャーバンドの+2σにタッチしているところでは、控えた
方が良さそうです


買い建てを、作る際の注意点は、一気に買い建てを作らないということです。為替は、1日のうちに1円くらい
動くことは、普通ですから、20セントとか25セント毎に、指値を入れておいて、建て玉に順番が出来るように
するのが好ましいと思います。

最初のポジションをセットしたら、ロスカットにならないように、注意深く見守って、ロスカットに近づいたら、
証拠金を積み増し
して、ロスカットに掛からないようにしましょう。そして、危機を逃れたら、積み増した証拠金
を引き出して、元の状態に戻します。

ここでは、しばらくスワップ金利が貯まるのを待ちます。6ポジションを建てていると、米ドル・円の場合、
1ヶ月当り、25000円くらい貯まりますから、2ヶ月待てば、もう1ポジション増やせることになります。


★ 第2ステップ ★

第2ステップは、ポジションを増やしていくステップです。

最初のポジションが生み出すスワップ金利を、複利運用で、ポジションを増やしていくことに使います。
ですから、儲かったからといって資金を引き出してはいけません。

複利運用に入っていくと、ポジションを上げるごとに、スワップ金利が増えていきますので、最初は、2ヶ月に
1ポジションを増やす程度ですが、そのうちに1ヶ月に1回のポジションを増やすようになってきます。

ここで、注意しなければいけないのは、FX業者の口座によっては、複利運用が、建て玉を決済しないと
出来ないものがあります
ので、そういった口座は、スワップ金利派の投資には、向いていません。

マネーパートナーズフォーランドオンラインひまわり証券ヒロセ通商 FX2の口座では、建て玉を決済しない
でも、含み益と累積スワップは、投資の原資に組み入れが出来ますので、OKです。また、セントラル短資や、
GMO−FXFX Online Japanの口座では、毎日、スワップ金利が口座残高に反映されますので、OKです。

どの口座が適しているかは、「スワップ金利の受取り時期比較」にありますので、参照してください。

この時期の、キーワードは、「複利運用」で、ポジションを増殖させることです。


★ 第3ステップ ★

第2ステップが終了して、目標とするポジションまで到達すると、自分が目標とするスワップ金利が、毎日、毎月、
勝手に口座に入ってくるようになります。

しかし、ここで、手を抜いてはいけません。

この時点では、まだ、急激な為替の変動に、耐えられるところまで来ていません。ロスカットになりそうになると
証拠金の積み増しで、対応してきましたが、ここからは、その必要をなくするステップです。

例えば、米ドル・円のポジションを12ポジション持っていて、その平均買値が115円だったとしましょう。

平均買値ですから、安く買ったもの、高く買ったものがあるはずです。113円で買ったもの、114円で買ったもの
115円で買ったもの、116円で買ったもの、117円で買ったもの、それらの平均値が、115円になっている
わけです。

この第3ステップでは、この平均買値を下げることをします。

具体的には、必ず、一番高く買っているものよりは、安い単価で1ポジションを買います。そして、為替が、
一番高いものより、高くなったら、その玉を売ります。そんなにうまくいくもんかと言われるかもしれませんが、
この時期は、すでに、時間との戦いは終わっています。先に買って、上がるのを待てば、必ずその日は、
やってきます。

こうすることによって、全体の単価を安くします

少しでも、全体の単価が下がるのであれば、安く買って、高いものを売るということを繰り返します。

これを、繰り返していくと、1年に2回くらい来る、大きな為替変動の下限値に近いところまで、平均単価を
下げることが出来るはずです。

現在の状況(2007年10月)では、繰り返すことにより、平均単価を、112円台まで、下げることが出来ると
思います。1ポジション当り、4円の下落までは、変動に耐えられる設定をしていますので、108円まで下げても
ロスカットにならない水準です。

ここまで、平均単価が下げれれば、もう安心して、毎月上がってくるスワップ金利を自分のお小遣いとして、
使っても問題ないはずです。


あなたの、スワップ金利悠々生活の完成です。

この時期に達した頃は、税金のことも気になりはじめますので、税制上有利な、「くりっく365」の口座への
移管
も考える必要があると思います。(くりっく365については、「くりっく365とは?」を参照)

どうでしょう?私の目標は、月10万円のお小遣い計画ですが、場合によっては、月30万円とか月100万円
とかという目標を立てても、可能性は、十分あるのです。

株の配当で、月10万円を得ることは、大変なことですが、FXを使えば、レバレッジを使うことにより、充分
可能
なのです。

上記の方法でやっていて、仮に失敗したとしても、最初に突っ込んだお金は、30万円だけです。しかも、
ロスカットにより、資金がゼロにはなりません。

スワップ金利派の投資法は、ある程度時間は掛かるでしょうが、出来上がれば、夢のような投資法だと
思います。

私が、ハマってしまう訳もご理解していただけると思います。


★ おすすめのFX口座で、管理人も使用しています。 ★    

 

マネーパートナーズ 

外為どっとコム 

GMO−FX 

セントラル短資OT 









 

Copyright (C) FXで月10万円のお小遣い計画  All Rights Reserved 



















inserted by FC2 system