FXで月10万円のお小遣い計画 

30万円の資金を、FXで月10万円のお小遣いをゲットできるようにしようとする計画の記録です。

FXに掛かる税金 

FXに掛かる税金に関してポイントを上げてみました。

 1.FXで得られた利益は、雑所得に当たり確定申告により、税金を納めなければならない。

 2.年間20万円未満の利益に対しては、納税の義務はない。

 3.給与所得等の所得と合算され、総合課税の対象になる。

 4.損益の繰越は、できません。

 5.給与所得との損益合算は、できません。

 6.複数のFX口座を持っている場合には、すべての損益を合算できます。(クリック365を除く)

★ FXの利益は、雑所得 ★

FXで儲けた利益は、雑所得として扱われます。雑所得は、確定申告により納税しなければいけません。
また、給与所得などと合算されて、総合課税の対象になりますので、所得によって税率が違いますので、
納税額は、総合課税所得によって変わります。

しかし、雑所得が、年間20万円未満の場合には、申告する必要はありませんので、納税の必要は
ありません。

総合課税の税率は、下記の表の通りですが、給与所得控除、配偶者控除、扶養控除等の控除がありますので、
普通のサラリーマンは、20%と30%の税率のところに収まると思います。

合計所得金額

税率合計

内訳
(所得税)

内訳
(都道府県民税)

内訳
(市区町村税)

195万円以下

15%

5%

4%

6%

195万円超〜330万円以下

20%

10%

4%

6%

330万円超〜695万円以下

30%

20%

4%

6%

695万円超〜900万円以下

33%

23%

4%

6%

900万円超〜1800万円以下

43%

33%

4%

6%

1800万円超

50%

40%

4%

6%


★ FX取引での税金に関する注意点 ★

まず、損益の繰越ができないという点です。

4億円脱税主婦の言い分ですが、「損をした時には、税金を返してくれなくて、儲かった時だけ税金を取るのは
不合理である」と主張して、税金を納めなかったそうですが、そういうことなのです。

前の年に100万円損をして、今年100万円を儲けたとすると、前年の税金は、ゼロ、今年の税金は、総合
課税されるということです。2年間で見ると利益はゼロなのに、今年分だけに課税されるということです。

ですから、複数の建て玉を持っておられる方は、反対売買をしてでも、儲かった年には、損も出した方がよい
ということになります。

次に、給与所得との合算がされないという点です。

即ち、給与所得から納める税金は、源泉課税で納付されます。ここで、FXで損を出した場合に、損金を
総合課税対象に出来るかというと、できないということです。

FXで損を出しても、給与所得の税金額は、変わらないということです。もちろん20万円以上の利益を出した
場合には、上記のように、総合課税されます。

次に、複数のFX口座を持っている場合には、損益が合算されます

A社の口座で100万円の利益、B社の口座で50万円の損であれば、100万円ー50万円=50万円が
雑所得の対象となります。

尚、クリック365の口座は、別の税制優遇処置がありますので、ご注意ください。(クリック365に関しては、
税金対策はくりっく365」 を参照)

★ おすすめFX口座です。管理人も使っています。 ★    

 

マネーパートナーズ 

外為どっとコム 

GMO−FX 

セントラル短資OT 



 

Copyright (C) FXで月10万円のお小遣い計画  All Rights Reserved 



















inserted by FC2 system