FXで月10万円のお小遣い計画 

30万円の資金を、FXで月10万円のお小遣いをゲットできるようにしようとする計画の記録です。

私が、スワップ金利派になった理由
    

私の為替に対する信念は、「為替だけは絶対にわからない!」というものです。

為替が上がるか?下げるか? それは、人間の心理であるから、わかるはずがないということなんです。

ですから、為替のトレードは、博打だと思っています。サイコロが、うまく意のようにならないのと同じで、為替も
思ったようには、いかないと信じています。

トレードで、実績を積んでいる方は、「そんなことはない。きちんと経済の情勢とかを分析すれば、どちらの
方向へ向かうのか予想できる。」とおっしゃると思いますが、経済評論家やアナリストの言うことが、100%
当たることは、有り得ません。

プロでも、予想が付かないのです。ましてや、我々では・・・・・・・


それでは、何故、私が外国為替に、結構な額の投資をしているかというと、「スワップ派と言われるFXの
投資法があることを知ったから
」です。

私は、常々、自分は、トレード派には、向いていないなと思っていました。それは、性格がどうしても逆張りの
発想
になっているからで、事実、株式投資では、徹底した逆張り法で運用しています。

失敗した時には、塩漬けも止む無しという投資法ですから、効率が良くありません。安値に放置されている時に
買い込んでおいて、値上がりを待つ手法です。

しかし、塩漬けは、株の場合の現物取引や、為替でも外貨預金のように、1:1の場合には、いいですが、
FXのように、レバレッジを掛けて運用する時には、塩漬けすると、すべての資産がなくなってしまう可能性が
あります。

ですから、私の場合、トレードは、自ら慎むようにしています。


しかし、スワップ派の投資方法は、私が株でやっている投資方法に似ているのです。

割安で、高配当の株を安い時に仕入れておいて、しかも、私の場合には、株主優待というおまけ付きの株に
投資しています。そして、安い時に買った株は、ほぼ放置状態で、毎年の配当と株主優待を受け取る
いうものです。キャピタルゲインをしても、ほとんど売ることはありません。資産リッチを目指しています。

スワップ派の投資方法も、為替レートのレンジのなるべく低いところで、仕入れて、スワップ金利を永久に
戴こうというものですから、一度うまくセットすれば、後は、放置状態でいいということです。

手間が掛からず、安定した収益が得られる」という、スワップ派投資のメリットを、いかにうまくセットするか?

この点、1点に集中すればいいわけですから、スワップ金利派の投資法は、ある意味で、短期勝負でもあります。

上のチャートは、私が、スワップ派の投資をしようと思った時の米ドル・円のチャートです。2007年8月の
終わり頃です。

このチャートを見て、株価の動きとぴったしだということに、気が付きました。そして、今が当面の底であるとも
思いました。

為替の方は、8月17日に続き、9月5日にも、急激な円高が襲いましたが、徐々に、小康状態に戻りつつあり
ます。株の方も、9月21日を底に回復してきています。

この時、私が思ったことは、「115円以下で米ドルを仕入れていれば、半年は、スワップ金利が、順調に
入ってくるのではないか?
」ということです。

そして、徐々に、買いの単価を下げていって、105円くらいまでもっていくことが出来れば、一生、スワップ
金利がお小遣いとしてもらえて、悠々自適の生活が保障されるのではないだろうか?
と思ったのです。

この不純に満ちた動機が、私がスワップ派になった理由です。

株の方でも、塩漬けは、得意ですので、為替でも、うまく仕入れて塩漬けを増やして、「一生、スワップ金利が
お小遣いとしてもらえて、悠々生活をする
」という目的を達成したいと思っています。(笑)

尚、昨年の株式市場の底は、11月22日でした。今年の底は、2月28日と9月21日です。ほぼ、半年周期で
株価の大調整が来ていることから、来年の調整局面は、2月頃と思っています。

★ おすすめのFX口座で、管理人も使用しています。 ★    

 

マネーパートナーズ 

外為どっとコム 

GMO−FX 

セントラル短資OT 








 

Copyright (C) FXで月10万円のお小遣い計画  All Rights Reserved 



















inserted by FC2 system