FXで月10万円のお小遣い計画 

30万円の資金を、FXで月10万円のお小遣いをゲットできるようにしようとする計画の記録です。

外為市場が反応する経済指標とは?
    

経済指標」の多くは、政府などの公的機関が作成・公表しているため、その信頼性が高いものとして、
多くの投資家が注目しているため、その結果によって為替が動くことが多いものです。

しかし、「経済指標」は、数多くありますので、どの指標に注目すれば良いのか?迷うと思います。

ここでは、外国為替市場が、最も反応する4つの指標 に絞って、お話します。

★ FOMC − 金利の状況を確認する ★ (金利が上昇すれば、買われやすくなる)

FOMC連邦公開市場委員会 )とは、アメリカの中央銀行であるFRBが開催する会合のことで、アメリカの
政策金利(FFレート)を決める場所でもあります。米ドルの金利の行方を占うわけですから、世界中が注目
しています。

特に、市場の予想を超える金利が決定されると、「サプライズ」として、為替が動く原因になります。

年8回、6週間ごとの火曜日に開かれます。

★ 非農業部門雇用者数 − 景気の状況を確認する ★ (景気が良くなると、買われやすくなる)

文字通り、農業以外の雇用者数の動向 です。

非農業部門雇用者数(NFP)が大きくなればなるほど、アメリカの景気が良くなっていると見なされ、米ドルが
買われる(ドル高)傾向にあります。

発表は、毎月の第1金曜日の午後9時30分(冬時間は午後10時30分)です。

この指標の発表で、為替が大きく動くことが多いので、注意が必要な指標 です。

★ 生産者物価指数 − 物価の状況を確認する ★ (物価が上がると、売られやすくなる)

アメリカの生産者物価は、1982年の平均物価を100として、国内製造者の販売価格を生産者物価指数
PPI)としています。

しかし、為替市場では、PPIそのものではなく、前月からの変化を示した「前月比」に注目します。物価が
上昇傾向にあるのか?或いは、下落傾向にあるのかを判断する為です。

生産者物価指数も、それ自体の値よりは、アナリストの予想と大きく異なる場合には、違いを修正する
方向へ為替が調整される傾向があります。

発表は、対象月の翌月第2週で、日本時間の午後9時30分(冬時間は10時30分)です。

★ 貿易収支 − 貿易の状況を確認する ★ (貿易黒字が増えると、買われやすくなる)

貿易収支」とは、輸出された金額と輸入された金額の差額を意味します。アメリカの場合には、常に
貿易収支は、赤字です。

為替市場では、アメリカの貿易赤字の大小に注目します。

アメリカの貿易赤字が大きくなると、米ドルが売られやすい傾向があり、貿易赤字が小さくなると米ドルが
買われやすい傾向があります。

貿易収支の発表は、通常、毎月10〜15日の日本時間の午後9時30分(冬時間は10時30分)です。

★ 4つの経済指標でどう動く? ★

 

米ドル  

日本円  

金利 

上昇
下落 

ドル高
ドル安 

上昇
下落 

円高
円安 

景気 

上昇
下落 

ドル高
ドル安

上昇
下落 

円高
円安 

物価 

上昇
下落 

ドル安
ドル高 

上昇
下落 

円安
円高 

貿易 

赤字減少
赤字拡大 

ドル高
ドル安 

黒字縮小
黒字拡大 

円安
円高 



★ おすすめのFX口座で、管理人も使用しています。 ★    

 

マネーパートナーズ 

外為どっとコム 

GMO−FX 

セントラル短資OT 









 

Copyright (C) FXで月10万円のお小遣い計画  All Rights Reserved 



















inserted by FC2 system