旅するところ、焼き物・骨董あり!                                                                       <<<焼き物・骨董情報サイト>>>

トップへ  当サイトでは、筆者が、世界中を旅したところで集めた焼き物・骨董品を、
エピソードと共に、その起源や、特徴を、ご紹介しています。意外な場所に、
意外な、お宝があるものです。画像と共に、うんちくも、お楽しみください。 

飯能焼のイッチン描き鉢

飯能焼(はんのうやき)の武州飯能窯虎澤英雄作、麦文イッチン描き絵付け鉢です。











大きさは、口径:21cm 高さ:4.5cmほどの鉢で、丁度使いやすい鉢です。

飯能焼の作品は、オークションでも中々、お目にかかれません。このお品は、紙共箱、栞付きで、独特の土の感じや、イッチン描きの絵柄が、飯能焼の特徴をよく捕らえた作品だと思ったので、購入しました。

 虎澤英雄さん

 飯能窯

 ギャラリー

飯能焼(はんのうやき)は、埼玉県飯能市八幡町に、天保3年(1832年)頃、双木清吉が、信楽の陶工を招いて、開窯し、イッチン描きの絵付けをした素朴な日用陶器を焼きました。盛時には、益子、笠間と並び関東の名窯と言われましたが、明治20年に廃窯しています。


      飯能焼梅文大徳利(川越歴史博物館蔵)

その後、昭和50年に、虎澤英雄氏が、武州飯能窯を開いて、再興し、現在では、会津本郷焼の、宋像窯で
修行した岸道生氏の、破草鞋窯(はそうあいがま)(昭和57年開窯)など、数軒が、個人窯として作陶しています。

飯能焼の特徴は、暗緑色や、黄褐色の器肌に、梅、牡丹、麦、波千鳥、屋号などが、白のイッチン描きで、
絵付けされた素朴な陶器で、ほとんどが、イッチン描きに松灰釉を掛けた徳利や、壷、鉢、土瓶、皿等です。

私の鉢は、まさに、飯能焼の特徴通りの作品ですね。

現在では、伝統の古飯能のイッチン描きのものばかりでなく、各窯で、色々な焼き物も焼かれているようです。
 
虎澤英雄氏は、五色沼(毘沙門沼)の 翠の水の色に魅せられて、 陶芸にその色の世界を創造しようと、独自の翠青磁を中心に制作しています。

昭和50年に飯能焼を再興し、以来武州飯能窯として、飯能の地で製作活動を続けています。

作品も飯能焼伝統の灰釉に、白絵土によるイッチン描きの作品から、青磁、白磁、志野、楽、織部、絵付け等、幅広くに及んでいます。

虎澤氏は、我が国では数少ないファエンツァ国際陶芸展(イタリアビエンナーレ)金賞受賞者であり、日本陶芸展、伝統工芸展等の受賞も数々です。

 
          翠青磁ぐい呑み(ぐい飲みコレクションより)
                                               (記 : 2010年2月10日)

Copyright (C) ともさんの焼き物・骨董紀行  All Rights Reserved 
















inserted by FC2 system