旅するところ、焼き物・骨董あり!                                                                       <<<焼き物・骨董情報サイト>>>

トップへ  当サイトでは、筆者が、世界中を旅したところで集めた焼き物・骨董品を、
エピソードと共に、その起源や、特徴を、ご紹介しています。意外な場所に、
意外な、お宝があるものです。画像と共に、うんちくも、お楽しみください。 

上神焼上神山窯の辰砂釉ぐい呑み

上神焼上神山窯(かづわやき・かづわざんかま)の、二代山根藤一(民也)作の辰砂釉ぐい呑みです。











大きさは、高さ 6cm、直径 6.5cm程で、 共箱、共布、栞付きです。

上神焼(かづわやき)については、「上神焼の不思議」でも、取上げていますが、「上神焼」と、「上神焼上神山窯」があって、混同し易く、注意が必要ですが、このぐい呑みは、上焼焼上神山窯の、二代山根藤一(民也)作のものです。

得意の辰砂釉の作品で、見事な出来だと思います。

 二代山根藤一(民也)さん

上神焼上神山窯は、宝暦年間(1751〜63)から、この地域に栄えた伯尾山、伯州尾山等の作風を受け継いでおり、平野洞雲(石川県小松市出身)に師事した初代藤一(島根県石見出身)が再興を願い、昭和7年に、上神山の窯を開きました。その作風は、長い伝統と、色鮮やかな辰砂の上神焼として、好評でした。二代藤一民也)は、父初代藤一に師事し、現在は、三代芳子が継承しています。辰砂は、もとより油滴天目、金彩窯変など新しい分野も得意とします。

辰砂釉は、色が飛びやすい釉薬ですし、還元焼成で焼き上げますので、登り窯では、コントロールが難しいだけに、いい発色をしたものが少ないのが、現実です。

いつかは、鳥取県倉吉市を訪れて、辰砂釉の作品を買おうと思っていましたが、オークションで、初めて、上神山窯の辰砂釉の作品を見つけましたので、ちょっと競ってしまいましたが、手に入れることが出来て、うれしく思っています。
                                             (記 : 2010年5月19日)

Copyright (C) ともさんの焼き物・骨董紀行  All Rights Reserved 
















inserted by FC2 system