旅するところ、焼き物・骨董あり!                                                                       <<<焼き物・骨董情報サイト>>>

トップへ  当サイトでは、筆者が、世界中を旅したところで集めた焼き物・骨董品を、
エピソードと共に、その起源や、特徴を、ご紹介しています。意外な場所に、
意外な、お宝があるものです。画像と共に、うんちくも、お楽しみください。 

黒井千左作・虫明焼のぐい呑み

黒井千左作・虫明焼(むしあけやき)のぐい呑みです。







虫明焼 、特有の土味、灰釉によるおとなしい飽きのこない作品で、共箱はなかったのですが、独特の「むしあけ」の陶印と、掻き陶印から、黒井千左さんのものとわかりましたので、購入しました。

大きさは、径6.4cm、高さ4.5cmほどのぐい呑みで、落ち着いた灰釉の作品です。

虫明焼(むしあけやき)は、岡山県瀬戸内市邑久(おく)町虫明で焼かれている陶器で、虫明焼の起源は、江戸時代中期、この地に居を構えていた岡山藩筆頭家老伊木家が、御船入所の近くで焼いていた御庭窯だと言われています(瀬戸窯時代)が、伝世品から判断してやや疑わしいようです。

江戸後期の文政年間以降、少し内陸部に、窯が移り、そこには、大・小2つの登り窯があったと言われ、地元の今吉吉蔵という人が、播州竜野の陶工を雇って作陶したということです。しかし、この窯では、備前焼写しをも焼いたため、伊部の窯元から藩へ訴えられ、虫明窯の責任者が処分され、天保13年(1842)には、とうとう廃窯となったということです。

その後、弘化4年(1847)には、立場に、茶人としても有名な、伊木家第14代伊木忠澄(1818〜1886、のち三猿斎と号す)が御庭窯を開き、開窯には京都から初代清風与平(1803〜1861)を招き、主として古染付や李朝写しの茶碗、赤絵の鉢などを焼かせ、自身も手捻りなどを楽しみました。

幕末動乱期の文久年間、虫明の郷士、森角太郎に立場窯が譲られ、民窯として再出発することなりました。この窯には播磨の陶工が招かれ、宮川香山の来窯時には、息子彦一郎共々陶技を授かりました。森彦一郎は、香山の「香」1字をもらい香洲と号しました。その後、経営難で一時途絶えましたが、森香洲によりその復興が画策され、明治13年(1880)、横浜で作陶していた宮川香山を訪ね再び陶技を学び、帰郷すると窯の再興のため苦闘しました。しかしながら、陶工としては、優秀な香洲でしたが、経営は、うまくいかなかったようです。

昭和に入り、岡本英山は、廃窯となっていた虫明焼の復興を依頼され、昭和7年(1932年)に再び来窯し、昭和37年(1962年)に逝去するまで、虫明焼に専念しました。また、香洲の弟子であった2代横山香宝は、昭和5年虫明の瀬溝に築窯し、清風や香山を写した優雅な作品を焼きました。

以後、現代までに香宝の弟子黒井一楽(岡山県重要無形文化財保持者、故人)、その子の黒井慶雲・千左、千左の子、博史、瀬戸窯森香泉、忠澄茶亭跡の松本学などの作陶が見られます。
 
 

虫明焼 は、代々、一家で継承したものがなく、いわゆる師弟関係で続いており、黒井家も、その継承を正統に引き受け、現在に続いています。


伊木家お庭焼
伊木三猿斎
宮川香山、清風与平
森香洲
横山香宝
黒井一楽
黒井千左、黒井慶雲、黒井博史
 














 ● 作家 プロフィール ●

 黒井 千左(くろい せんさ)

昭和20年生まれ

昭和38年 岡山県立邑久高等学校卒業
昭和41年 京都市立工芸指導所修了
       岡山県重要無形文化財保持者 黒井一楽(父)のもと
       作陶活動に入る
昭和55年 日本伝統工芸展入選・県美術展岡山県知事賞受賞
平成14年 岡山県文化奨励賞受賞・備芸会芸術祭賞受賞
平成21年 瀬戸内市重要無形文化財に認定される

私のぐい呑みは、シンプルなデザインですが、飽きのこない虫明焼らしい作品だと思いますので、末永く、大切にしたいと思っています。
                                              (記 : 2010年8月31日)

Copyright (C) ともさんの焼き物・骨董紀行  All Rights Reserved 
















inserted by FC2 system