旅するところ、焼き物・骨董あり!                                                                       <<<焼き物・骨董情報サイト>>>

トップへ  当サイトでは、筆者が、世界中を旅したところで集めた焼き物・骨董品を、
エピソードと共に、その起源や、特徴を、ご紹介しています。意外な場所に、
意外な、お宝があるものです。画像と共に、うんちくも、お楽しみください。 

仙台堆朱の硯箱

仙台堆朱(せんだいついしゅ)の硯箱です。











大きさは、幅:20cm 奥行き:24.5cm 高さ:6cmほどで、高島虎班石硯の大きさとマッチしています。

少し欠けている部分を見ると、白い素地ですので、木地は、餅米と木屑と漆を混ぜたもののようです。中に入っていた高島硯の記念品の刻印の内容からすると、昭和30年代のものと思われますので、戦後設立された、「仙薹堆朱製作所」で、「型押し」で作られたものではないか?と思われます。



実は、私は、この硯箱ではなく、高島硯が欲しくて、購入しました。(笑) でも、折角手に入れた仙台堆朱ですので、まとめてみたいと思います。尚、高島硯につきましては、「高島虎班石硯」をご参照ください。

★ 仙台堆朱とは? ★

仙台堆朱は、宮城県仙台市で作られている漆工芸品で、伊達の藩政時代の漆器づくりが途絶えて久しかった明治の末期、村上堆朱(新潟県)の職人だった川崎栄之丞が、木彫刻を教えに仙台刑務所へ来たのが始まりです。

川崎栄之丞は、型取りで作った精巧なレリーフで木地を覆う独自の製法による「東華堆朱」を創成し、堆朱の量産化を実現し、一般庶民でも手が届く、丈夫で扱いやすい漆器として普及させました。

東華堆朱から別れた、関川平輔も「永楽堆朱」を始めましたが、安く販売をする為に、品質が低下していき、東華堆朱も永楽堆朱も姿を消していきました。その中で、大正時代に、木田氏が「大正堆朱」を作り、細々と製作していました。

その後、蒔絵師で人間国宝の松田権六 の弟子であった、南忠 が「仙台堆朱」として技術を受け継ぎました。南氏が蒔絵師であったことから、蒔絵の技法を堆朱の中に取り入れ、堆朱に蒔絵を施すという、これまでに見ない技法を作り出しました。

川崎栄之丞とも親交があったと言う南は、終戦後(昭和20年代)に仙台堆朱製作所を設立し、現在では、ただ1軒の工房として、孫にあたる3代目の南徳一さんが、木地に直接彫刻する技法で、仙台堆朱を作り続けています。(「型押し」という従来の製品も作られています。)

このように、仙台堆朱は、時代により、

@ 「東華堆朱」、「永楽堆朱」、「大正堆朱」時代の木粉成形品 による堆朱

A 堆朱に蒔絵 を施した「仙台堆朱」

B 現代の、木地に直接彫刻 し、漆を掛けて磨き上げる「仙台堆朱」

等々がありますが、いずれも、堆朱ではありません。

堆朱については、「村上木彫堆朱?の漆硯」でお話していますが、本当の堆朱は、漆を何層にも、何層にも厚く塗り重ねたものに、絵柄を彫刻したもので、木地を作るだけで、非常に長い時間を必要とするものです。



中国では、大変な労力を掛けて、朱漆を厚く塗り重ねた木地を使って、見事な工芸品が作られていますが、日本においては、模様を木彫りした後に、朱漆を掛けており、特に、新潟県の村上市の「村上木彫堆朱」が有名です。

下の仙台堆朱は、現代の南徳一さんが作られている、木彫りをした後、錆付けをし、朱漆を塗って、上塗りまでした後、黒漆で、線彫りの部分を塗って、陰影を付ける方法で作られた作品です。



下の作品は、南雄一さんが、2011年にグッドデザイン賞を受賞された仙台堆朱で、モダンな魅力も兼ね備えたものにも、挑戦中です。


このように仙台堆朱は、100年の伝統を守りながらも、変化をし続けています。

                                               (記 : 2013年12月1日)

Copyright (C) ともさんの焼き物・骨董紀行  All Rights Reserved 
















inserted by FC2 system