株主優待生活のすすめ
少額投資でも、企業から贈り物が届く、株主優待株から株式投資をはじめる方法をご紹介します。

優待ゲット・裏ワザその5
 

(注:2008年3月における記事です。その後、各社とも変更等がございますので、適宜ご確認ください。)

★ 丸三証券の口座を使った優待タダ取りの方法 ★

丸三証券の口座は、1日20万円以下の取引は、手数料が無料になります。(一部適用外銘柄有り)
注:20万円以下株式手数料無料サービスは2009年6月18日に終了しました。

ここでは、このとても、お・い・し・い手数料体系を利用して、株主優待を、ほぼタダでゲットする方法
ご紹介します。

理論だけでは、「そんなこともできるんだ!」程度になってしまいますので、私が実際に2008年3月に
行った例で説明したいと思います。

まず、結果を見てもらいましょう。実際の丸三証券の約定表ですが、スルガコーポ(1880)は、7円で、
不二製油(2607)は、34円で、大阪証券金融(8512)が、5円で、そして、イチネン(9619)が、8円の
コストで、株主優待がゲット出来ていることが、わかります。

銘柄/市場 管理
口座
取 引 数 量 新規約定日
返済約定日
手数料
消費税
管理費/書換料 日 歩
貸株料
逆日歩 建玉単価
返済単価
損益金額
(円)
18800 東京
スルガコーポレーショ
一般 売新規
品渡
100 2008年03月18日
2008年03月26日
0
0
0 0
7
0 273.00
0.00
+27,293
26070 東京
不二製油
一般 売新規
品渡
100 2008年03月25日
2008年03月26日
0
0
0 0
14
20 918.00
0.00
+91,766
85120 大阪
大阪証券金融
一般 売新規
品渡
100 2008年03月21日
2008年03月26日
0
0
0 0
5
0 272.00
0.00
+27,195
96190 東京
イチネン
一般 売新規
品渡
100 2008年03月21日
2008年03月26日
0
0
0 0
8
0 405.00
0.00
+40,492

しかも、追加の資金も口座に入れずに、株主優待が、もらえているのです。

どういうことかと言えば、塩漬け株の有効活用です。

下の表は、実際に資金を塩漬け株で作り出したものです。日本フィルコン(5942)は、11月権利確定
銘柄ですし、エコス(7520)、ポプラ(7610)、天満屋ストア(9846)は、2・8月銘柄です。

取引指示 銘  柄 管理
口座
売  買
建玉市場
建玉残高
返済中数量
建玉平均単価
前日終値
(気配値)
評価損益金額
(円)
返済

返済

日本フイルコン
 59420


建玉
詳細
一般 買新規
東京
100
0
476.00 515 +3,624
返済

返済

エコス
 75200


建玉
詳細
一般 買新規
東京
100
0
630.00 728 +9,512
返済

返済

ポプラ
 76010


建玉
詳細
一般 買新規
東京
100
0
678.00 659 -2,170
返済

返済

天満屋ストア
 98460


建玉
詳細
一般 買新規
東京
100
0
866.00 855 -1,421

これらの株を1日20万円を超えないように、順番に、現物売りと信用買いを同時に建てて、元々の買値を
変えずに資金を作ります。現物売りと信用買いを同時に建てますので、売る銘柄は、10万円以下のもの
でなくてはいけません。そうしないと、手数料が掛かってくるからです。

そうして作った資金で、逆日歩の出にくい銘柄を、両建て(クロス)すると、ほとんどタダで株主優待が
もられる
ということになるのです。(この場合、信用買いを建てている期間の金利が必要です。)

やり方をまとめると、次のようなステップになります。

@ 権利月でない、10万円以下の塩漬け株を、寄付きで、現物売りと信用買いを同時に建てる

A その資金で、買える株主優待株を、権利確定前直前に、寄付きで両建て(クロス)する

B 権利確定後、株主優待の権利を取った後(権利落ち日)に、現渡しする

C 翌日、信用買いをしている銘柄を現引きして、現物に戻す

こういった方法を取ると、追加資金も不要で、株主優待がいただけるというわけです。

1銘柄だけを狙うのであれば、簡単ですが、数を多く取ろうとすると、準備を周到にしておく必要があります。
欲しい株主優待を見ながら、じっくりと作戦を練ってください。

もちろん、当然の如く、注意点がありますので、良く理解していただく必要があります。また、もしも、この方法を
やってみる場合には、結果については、自己責任でやってくださいね。

@ 丸三証券は、制度信用だけなので、逆日歩が掛かりそうな銘柄は避ける

A 10万円以下で買える銘柄しか、この方法は、使えない。

逆日歩が出るかどうか?という問題ですが、ある程度の目安は、ありますが、逆日歩が出るかどうかの
判断は、大変難しいものです


一つの判断の方法は、「株主優待ゲット・裏ワザその4」でも、紹介していますが、絶対に安全かどうかは
結果を見るまで、わからないものです。ですから、銘柄を選ぶ時には、細心の注意が必要です。

上記の場合でも、不二製油(2607)に、逆日歩が掛かっています。0.05円X4日X100株=20円と
いうことになります。逆日歩なしの銘柄を選ぶのは、大変なものです。信用の買い残、売り残の様子を
チェックしておく必要がありますし、過去の動きも調べておく必要もあります。

自分でやっていながら、こういうのも問題ですが、クロスで株主優待を取るのは、邪道だと思っています。
必ず、しっぺ返しを受けることがあると思います。

ここでは、こういったやり方もあるという程度で、私は、「割安な株を現物で買う」という、バリュー株投資が、
王道
だと思っていますので、ご参考までということで・・・・・

★ 少額投資でコツコツ株主優待株を集める人向けの証券会社 ★    

丸三証券
口座開設から2ヶ月は、手数料が無料。通常手数料も最低水準の証券会社。
松井証券
手数料無料は、業界最安値水準。一般信用の売り建ても出来る。 
SBI証券
1日10万円以内は、手数料100円。S株と呼ばれる端株も買えます。
岡三オンライン証券
1日10万円以内は100円、20万円以内は200円と、手数料が安い。 









丸三証券では、1日20万円以下は手数料無料です。少額投資にはもってこいの証券会社です。

Copyright (C) 株主優待生活のすすめ  All Rights Reserved 
















inserted by FC2 system